• HOME
  • FRPとは(特徴)

FRPとは(特徴)

FRP

FRPとは(特徴)

FRP FRPとは、Fiber Reinforced Plasticsの略で、繊維(Fiber)で強化された(Reinforced)樹脂(Plastics)、即ち「繊維強化樹脂(繊維強化プラスチック)」、言い換えれば繊維と樹脂の複合材料(Composite Materials)です。

FRPの種類

FRPはガラス繊維とポリエステル樹脂の組み合わせが最も一般的ですが、繊維と樹脂の組み合わせにより様々な種類があります。

繊維としては以下のようなものが使用されます。

FRP
  • ガラス繊維
  • カーボン繊維
  • アラミド繊維(ケブラー繊維)
  • ポリエチレン繊維(ダイニーマ)
  • ザイロン繊維
  • ボロン繊維

樹脂としては以下のようなものが使用されます。

FRP
  • ポリエステル樹脂
  • ビニルエステル樹脂
  • エポキシ樹脂
  • フェノール樹脂
  • 熱可塑性樹脂

上記のように、FRPは繊維と樹脂の複合材のため様々な種類がありますが、以下の2種類が代表的です。

FRP

GFRP(Glass Fiber Reinforced Plastics)

GFRP(ガラス繊維強化プラスチック、またはガラス繊維強化樹脂)はガラス繊維をポリエステル樹脂、ビニルエステル樹脂、エポキシ樹脂、フェノール樹脂などで固めたもので、FRPの中では最も安価で最も一般的なものです。

GFRPの特徴

GFRPには以下の様な特徴があります。

GFRPの主な用途
  • 様々な形状に馴染みやすく、形成が容易。
  • 耐候性に優れている。
  • 金属に比べて軽量。
  • 耐食性に優れている。
  • 電気絶縁性に優れている。
  • 断熱性に優れている。
  • 電波透過性に優れている。
  • 耐水性に優れている。

CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)

CFRP(カーボン【炭素】繊維強化プラスチック、または炭素繊維強化樹脂)は鉄やアルミなどの金属に比べ同じ強度・剛性でより軽量化できるという特長を持つため、スポーツ・レジャーから航空・宇宙まで幅広い分野で利用されています。
すなわち、強度を必要とし、重量を軽くしたい場合に適した素材です。
ただし、GFRPに比べ高価になります。

CFRPの特徴

CFRPには以下の様な特徴があります。

CFRPの特徴
  • 軽量(鉄の約1/5)
  • 高剛性(鉄の約2倍)
  • 高強度(鉄と同等以上)
  • 高熱伝導性(鉄の1/2~1/3)
  • 低熱膨張性(鉄の1/10)
  • X線透過性
  • 振動減衰性
  • FRP 製造工程
  • FRP 主な用途・事例
  • FRP 主要設備
  • FRP 量産実績

トップ