• HOME
  • FRP 製造工程

FRP 製造工程

FRP 製造工程

FRP 製造工程

製造後 FRPは成型法により最終製品の寸法・形状・機械的特性・コスト等が大きく変化します。
効率の良い樹脂の成型法を決めるために、成型プロセスを検討する必要があります。
代表的な成型法は「オートクレーブ法」、「RTM法(Resin Transfer molding)」、「ホットプレス法」、「フォーミング法」などがあります。
GEO Nationでは高生産性且つ低コストで近年注目されている「RTM法(Resin Transfer molding)」と「フォーミング法」を導入しています。

RTM法

RTM法とは、Resin Transfer moldingの略で、樹脂を型内へ注入する成型法です。
即ち、射出成型法のように金型の型内に織物状繊維を設置し、型を閉じた状態で注入を行う成型法です。

RTM工程

RTM工程図

長所

  • 密閉型成形法なので作業環境が良いです。
  • SMCに比べ設備投資が少ないです。
  • 機械成形であるため品質が安定します。
  • 中量生産に適しています。
  • 複雑な形状の成形も可能です。

フォーミング成形法

強化繊維の織物にTPU 及び可塑性樹脂をラミネーティングしてプリヒーティング後、フォーミング金型で成型を行う成型法です。

フォーミング工程

プリプレグプレス成形工程

長所

  • 複雑形状の製品を大量生産できます。
  • 外観が良いです。
  • 成形サイクルが短いです

トップ